FANDOM


登場人物としての設定 編集

001

狂気の人形師」の異名を持つ目元を仮面で隠した紳士。カルルとエイダの実の父親。統制機構技術大佐。常に穏和な表情と落ち着き払った言動なものの、どことなく不気味な雰囲気を漂わせている。ハザマでさえ持て余すほどの真性のマッドサイエンティストで、肉親を実験材料にするのにいささかの躊躇も抱かない。100年前の暗黒大戦直前の時代にも存在し、十聖の頂点「ザ・ワン」の異名を戴いていた。シュウイチロウやテルミとともに窯の実験を行い、黒き獣が出現した際に窯に落下して現代の時間軸にタイムトリップしている。小説「ブラッドエッジエクスペリエンス」では若かりし日の姿で登場。

キャラクター特性 編集

人形を伴って同時攻撃を仕掛けるテクニカルキャラクター。息子であるカルルと似て非なる能力の持ち主。

ドライブ能力「デトネーター編集

自分を追従する一体の人形「イグニス」を召喚し、召喚中はレバーとドライブボタンの操作によって攻撃させる。カルルのオートマトンと相似しているが、操作した瞬間に動作を行うため用途は大きく異なる。カルルと同じくイグニス自身に耐久力が設定されており、相手の攻撃を受けることで耐久力がゼロになると一定時間操作不能になる。

オーバードライブ「マキシムダンス編集

イグニスの攻撃、ゲージの回復量が高速化する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。